Papers

Basic information

Name Hideki Yasuda
Belonging department Department of Judo Physical Therapy,Faculty of Health Care and Medical Sports
Occupation name Professor
researchmap researcher code
researchmap agency

Title

急性胆嚢炎に対する内視鏡的経鼻的胆嚢ドレナージENGBDおよび内視鏡的胆嚢ステント術EGSの有用性(査読付)

Bibliography Type

Joint Author

Summary

道ドレナージ法は,内視鏡技術の進歩により,経皮的から,経内視鏡的,経鼻的経乳頭的と進歩し,ドレナージチューブからチューブステントへと発展した。急性胆嚢炎に対する胆嚢ドレナージ法も,内視鏡的ドレナージの報告が増えつつある。さらに経鼻的経乳頭的なENGBDのほかに,胆嚢ステント術EGSも行われている。これらは非観血的な生理的経路であり,PTGBD禁忌例にも適応となる。(杉本 真樹,

Magazine(name)

 

Date of Issue

200903