主な論文

基本情報

氏名 荒木 誠一
氏名(カナ) アラキ セイイチ
氏名(英語) Seiichi Araki
所属 大学 健康医療スポーツ学部 柔道整復学科
職名 准教授
researchmap研究者コード
researchmap機関

題名

鏡視下半月板部分切除術後における接骨院で施行可能な後療法の実際と予後調査(査読付)

単著・共著の別

共著

概要

半月板損傷の確定診断にはMRIや関節鏡が必要なことが多く、柔道整復師が本病態を確実に把握することは困難である。従って、本症が疑われる場合には医師への精査依頼が必要で、医接連携が大切である。半月板損傷に対する治療は、保存療法が選択された場合には、その後療法に際し柔道整復師が指導、管理を行うことが多い。しかし手術療法が選択された場合には、多くの場合、柔道整復師が関知しないところとな

発表雑誌等の名称

日本柔道整復接骨医学

発行又は発表の年月

200312